マヌカハニー ピロリ菌

マヌカハニーで【ピロリ菌を除菌!】大事なポイントは期間と食べ方♪

 

マヌカハニー,ピロリ菌,期間,食べ方

 

ピロリ菌は、日本人の約半数が感染していると言われており、

 

40歳以上に限定すると何と約8割がピロリ菌に感染しているというデータがあります。

 

ピロリ菌に感染すると、

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  • 胃がん

などの胃の病気になりやすくなります。

 

ピロリ菌の除菌は、抗生物質によっても可能ですが

  • 保険適用外で費用が高くなる
  • 副作用がある

ことなどにより、マヌカハニーによる除菌が期待されています。

 

マヌカハニーでピロリ菌の除菌にかかる期間は?

 

抗生物質でピロリ菌を除去するのにかかる期間と除菌率は、

 

  期間 除菌率
1次除菌 1週間 約90%
2次除菌(1次の後2ヶ月開ける) 1週間 約97~98%

 

ピロリ菌の除菌には、抗生物質を飲んだ場合でも除菌完了の確認に最低でも2ヶ月以上の期間がかかります。

 

マヌカハニーのみでピロリ菌を除菌したい場合には、最低でも半年ぐらいの継続がオススメです!

 

 

マヌカハニーピロリ菌の除菌に効果的な食べ方


マヌカハニーによるピロリ菌の殺菌には、より純度の高いマヌカハニーを使う必要があります。

 

また、食物・飲み物により薄まってしまうと殺菌効果が落ちるので、空腹時にマヌカハニーを食べるのが効果的です!!

 

ピロリ菌の除菌に効果的なマヌカハニーの摂取量は?

イギリスの1994年のマヌカハニーを用いた実験によると、5%の濃度でピロリ菌除菌の殺菌効果があったというデータがあります。

 

空腹時の胃液の量は最大で約50ml。

 

ここから計算すると、1回小さじ1/2 ( 2.5 ml)でマヌカハニーは、ピロリ菌に対して殺菌効果を発揮することになります!

 

ピロリ菌の除菌に効果的なマヌカハニーのMGO濃度は?

 

ピロリ菌の除菌にマヌカハニーが有効であることは分かっていますが、

 

MGO濃度別の実験は行われていないので、明確に最低限のMGO濃度は分かっておりません。

 

ただし、MGO濃度が高い程ピロリ菌の除菌率は上がります。

 

 

マヌカハニーでピロリ菌除去がオススメな人は?

  • お薬による除菌の副作用が心配な人
  • ピロリ菌除菌のお薬(ペニシリン・クラリスロマイシンなど)にアレルギーがある方
  • 胃内視鏡を受けたくない方(内視鏡を受けないと保険診療ではなく自費診療になります。)
  • 2次除菌までで失敗し、自費診療に切り替わる人

 

ピロリ菌の除菌におすすめのマヌカハニーは?

 

マヌカハニーは、α-シクロデキストリン(α型環状オリゴ糖)と同時に摂取することにより
マヌカハニー単体よりも殺菌効果が高まると言われています!

 

マヌカハニーとα-シクロデキストリンを同時配合したタブレット型マヌカハニーがピロリ菌の除菌にはオススメです!!

 

 

>>>マヌカハニータブレットおすすめランキング