マヌカハニー 虫歯・歯周病・口臭

マヌカハニーの虫歯・歯周病・口臭への予防効果

マヌカハニー 虫歯

 

マヌカハニーといえば、殺菌効果があることで知られているはちみつですが、虫歯や歯周病、口臭の原因菌に対しても効果、効能はあるのでしょうか?

 

詳しくまとめました!

 

 

 

 

虫歯・歯周病へのマヌカハニーの効果・効能

マヌカハニー 虫歯

 

虫歯や歯周病は3つの要素の継続で起こります!

 

  • ミュータンス菌の増殖
  • ミュータンス菌の餌である砂糖(多糖類のスクロース)
  • ミュータンス菌の作る酸への抵抗力の低下

 

 

マヌカハニーには、

  • ミュータンス菌を殺菌するMGO(メチルグリオキサール)
  • ミュータンス菌の作る酸を緩和するリン酸カルシウム

を含んでおり、虫歯や歯周病を予防する効果、効能が期待できます!

 

マヌカハニーは寝る前(就寝前)に舐めても虫歯にならない?

 

寝る前にマヌカハニーを使用するには、注意点を守って使用する必要があります。

 

寝る前にマヌカハニーを使用する際の注意点!

 

  • 歯垢をしっかり取り除く
  •  

  • 殺菌効果の高いマヌカハニーを使用する(MGO100+以上)

 

 

ミュータンス菌が虫歯や歯周病の原因となる酸を作り出す事ができる糖は、砂糖などに含まれる多糖類のスクロースです。

 

マヌカハニーにも糖は含まれていますが、果糖(フルクトース)、ブドウ糖(グルコース)といった単糖類で虫歯になりにくい糖類です。

 

ただし、果糖(フルクトース)は虫歯になりにくい糖であるとは言え、虫歯になる可能性がゼロではありません。

 

(微量ながら、虫歯になりやすい糖であるショ糖も含有しています。)

 

歯茎や歯にマヌカハニーを塗った後、しばらくして糖分が残らないよう水などを飲むようにするか、最初からマヌカハニー配合の歯磨き粉の使用がオススメです!

 

 

 

口臭の原因とマヌカハニーの効果・効能

マヌカハニー 口臭

 

口臭の90%以上の原因は口内に生息する細菌から発生するガスだと言われています。

 

 

口臭の原因には大きく分けて2つの原因に分けられます。

 

 

①唾液の分泌量が減ることが原因の口臭
②病気が原因の口臭

 

 

それぞれの場合に分けて細かく見ていきたいと思います。

 

①唾液の分泌量が減ることが原因の口臭予防

 

口臭の原因で一番多い原因が、唾液の分泌量が減ることが原因の口臭です!

 

唾液には殺菌効果がありますが、色々な原因で分泌が減ることがあります。

 

起床時の口臭

人間は眠っている間が細菌の増殖を抑える働きを持つ唾液の分泌が少なくなるので、1番口臭が臭くなると言われているタイミングです。

 

緊張時の口臭

緊張をすると唾液の分泌量が減ってしまうため口臭がすることがあります。

 

 

②病気が原因の口臭

  • 虫歯・歯周病
  • 糖尿病
  • 副鼻腔炎・扁桃炎
  • 胃炎・肝硬変・がん

 

口臭の中で1番多く厄介なのが、この病的口臭です。

 

病的口臭の中で、マヌカハニーが効果を発揮する口臭原因は、
①虫歯・歯周病・胃炎が原因の口臭です。

 

マヌカハニーで口臭を予防するには?

 

マヌカハニーは、口臭の原因菌の殺菌に有効です!

 

①唾液の分泌量が減ることが原因の口臭には、舌苔に直接マヌカハニーを塗り込みましょう。

 

口臭の約60%が、舌苔に細菌が繁殖することにより起こると言われています。

 

 

②虫歯・歯周病が原因の口臭には、患部にマヌカハニーを塗り込みましょう。

 

ただし、マヌカハニーでは虫歯は完治しません。(先に虫歯を治しましょう)

 

※マヌカハニー口臭予防の注意点
マヌカハニーの口臭に対する有効成分は熱に弱いので、お湯などに溶かさずそのまま摂取するようにしましょう!!

 

 

虫歯・歯周病・口臭にオススメのマヌカハニーをまとめました♪ぜひ参考にして下さい!